運輸安全マネジメント

1. 輸送の安全に関する基本的な方針

弊社では、経営トップが輸送の安全確保が最も重要であるという意識を全社員に浸透させるとともに、
全社員が一体となり常に輸送の安全の確保と安全性の向上に努めます

安全憲章

私たちは、安全の確保が最大の使命であることを自覚し、その責務を確実に果たすため、常に安全を考えた行動に徹する決意のもと、安全憲章を定めます

  1. 1.輸送サービスを提供するあらゆる場面において安全を最優先する
  2. 2.輸送の安全確保が最も重要であるという意識のもと、基本動作を実行する
  3. 3.輸送に係る関係法令・規程を遵守する
  4. 4.社員の連絡体制を密にし、必要な情報の伝達共有が必要である
  5. 5.安全と判断するには、知識・技能・コミュニケーション能力が求められる
  6. 6.事故が発生した場合には、二次災害防止の措置と負傷者の救護がすべてに優先する
  7. 7.グループ企業の連携・協力を密にし、一丸となって安全性の向上を図る

2.輸送の安全に関する目標及び目標の達成状況

  • 2019年度目標 死傷事故ゼロ 社員の重大労災ゼロ
  •                     
  • 2019年度実績 死傷事故・社員の重大労災の発生はありませんでした
  •                     
  • 2020年度目標 死傷事故ゼロ 社員の重大労災ゼロ

3.自動車事故報告規程第2条に規程するバス事故に関する統計

  • 自動車事故報告規則第2条に規定する発生件数は「ゼロ」件でした

4.輸送の安全のために講じた措置及び講じようとする措置

(1)輸送の安全のために講じた措置
  • ・全車両へのドライブレコーダー及びデジタルタコグラフを装備
  • ・大型車・中型車にエンジンルーム火災消火装置・接近警報装置を装備
  • ・2019年度、衝突被害軽減ブレーキなどを搭載した先進安全自動車(ASV)を2両導入
  • ・デジタルタコグラフのデータを活用した教育の実施
  • ・ヒヤリハット情報・事故情報の収集と共有
  • ・救命救急講習を実施し、貸切関係社員全員受講
  • ・運輸安全マネジメントセミナー4名受講
  • ・2019年度輸送の安全に関する設備投資 76,633千円、車両修繕費 9,717千円
(2)輸送の安全のために講じようとする措置
  • ・「グリーン経営認証」取得
  • ・定期的な健康診断、睡眠時無呼吸症候群検査及び脳ドックの実施と健康状態の把握と管理指導
  • ・定期的な定期性診断の受診と診断結果に基づく教育及び指導
  • ・ヒヤリハットの収集とドライブレコーダー映像の分析・共有及び想定リスク管理・危険予知訓練による安全意識の向上
  • ・始終業点呼時におけるアルコール検査の実施
  • ・自動車安全センター、安全運転中央研修所での運転技術の取得と技術向上
  • ・2020年度輸送の安全に関する設備投資 68,000千円、車両修繕費 8,500千円
     
            

5.輸送の安全に関する組織体制及び指揮命令系統

別紙ー1(PDF 45KB)】のとおりです

6.輸送の安全に関する教育及び研修の実施状況

  • ・輸送の安全に関する基本方針、年度目標、重点施策、事故防止対策等の情報共有
  • ・ドライブレコーダー映像を活用したヒヤリハットの実例により危険予知能力と防衛運転意識の向上
  • ・無事故表彰の実施
  • ・事故惹起者に対し、事故発生後6カ月・12ヶ月でトレースの実施
            
               

7.輸送の安全に係る内部監査の結果と、それに基づき講じた措置を及び講じようとする措置

安全管理規程に基づき、2020年2月に安治川事業所、3月に本社の安全管理体制について監査を実施しました
いずれも適正な状況を確認しております

            

8.安全管理規程及び安全統括管理者

  • ・安全管理規程は【別紙(PDF 167KB)】のとおりです
  • ・安全統括管理者 運輸安全部長 田中 寿一
            

9.事故、災害等に関する報告連絡体制

別紙ー2(PDF 94KB)】のとおりです